とらのすけブログ

腹筋EMSを使用しながら自らの失敗や知識をひたすらつづっていきます。

ノートパソコンの選び方を自分なりに考えてみる

おはこんばんわ

とらのすけです。

パソコンが壊れてしまい古い機器のため直しても寿命的にすぐに壊れそうなのでパソコンの購入を検討しています。
そこで自分が必要なスペックはどうなの?
足りないスペックなのか無駄にハイスペックなのか自分なりに調べました。

自分なりパソコン購入スペック

見るならここかな?と言うものをピックアップしました。安すぎず高くない適切なものを買いたいと思います。

目的

がっつり使うわけではなくチマチマっと持ち運んでブログを書いたりスマホでは見にくいウェブサイト系の閲覧など軽めの使用が目的です。

パソコンの種類

使い方により異なりますが一応見ていきたいと思います。

デスクトップ

スペックを求めていくならデスクトップのイメージです。組み立て式などもありますが基本的に場所は設置したらほぼ動かさないで、PCデスクなどで使用したい方、オンラインゲームする方が使用しているイメージですね。他よりも長くいるシリーズなので僕の世代以降なら小学校の時に触ることも多いので触りやすいです。

チェックポイント:性能

一体型

大まかに言えばモニターとマウス、キーボードだけにみえる。見栄えをスッキリすることができます。とてもスマートで部屋も綺麗になります。
ですが、デスクトップより同価格帯と比較すると性能が落ちてしまいます。
一体型のため移動しやすいと思いきや重くてやすやすと移動させられるものでもありません。

チェックポイント:デザイン

ノートパソコン

デスクトップの次に馴染み深いものですね。
バッテリーがあるため外出など少しの使用でもっていっても使用でき、持ち運びも上の二つよりは容易です。
利便性の高さはピカイチです。

チェックポイント:利便性、バッテリー

タブレット

使い方次第ではほぼパソコンと同じ!
動画、絵を描くなどするならこれって感じします。持ち運びも簡単です。気になるところはノートパソコンと比較するとやっぱり性能が劣ってしまうところですね。

チェックポイント:動画を見るならコレ!

僕が重点を置いているのは
持ち運びのしやすさです。(リビング⇄寝室)
あとはノートパソコンを仕事でも使っていることもあり馴染みがあるため答えは1つでノートパソコンです。(焦らしてコレ)

画面の大きさ

小さいものなら10インチ

モバイルパソコンや大きさだと電子辞書くらいのものもあります。

大きいものなら16インチ超

性能もほぼデスクトップと差がないものもおおそうです。

デスクトップの場合はモニター次第ですがノートパソコンの場合は画面の大きさで重量やサイズが変わってきます。
大きさは店舗で見てみるとどのくらいか自分自身で判断できますね。

結果
利便性と操作性のしやすさなどを考えて
13インチくらい!にしたいと思います。
※あくまで希望

CPU

もうここからそんなによくわからない領域に行きそうですが必要そうなので調べました。店舗ではコンロの数と火力で説明するされていました。

Celeron

コンロの数でいうと1つ。
処理が一つずつしかできないイメージだとおもいます。
安いものはこれなイメージですね。
使っていましたがサイトを開きながら裏でyoutubeを開いたりすると場合によっては重くなる時もありますね。
使い方がシンプルでも裏で音楽などかけたりする方は少し考えた方が良さそうです。
価格はかなり安くてシンプルに使えば全然良いですね。

Corei3

コンロの数でいうと3つ。
同時処理可能という感じでしょうか。
ここまでいくとゲームなどしない限りは重くならなそうです。
使い方がシンプルならCeleron

Corei5

コンロの数は3〜4つ。
ふつうにつかうなら全然使いやすく重くならない。使用目的がわからなければここ以上で買っておけば後で困らないです。

結果
Corei3以上で安めのもの。

これ以上ら僕の買える値段ではなくなるので今回のCPU説明はここまで。

メモリ

よく聞くメモリ
メモリとはキャッシュ?などページを早く表示させるための容量、要領の良さみたいな手際の良さというイメージですかね

1GB、2GB

最近のパソコンでは少なくなってきたのはOSやCPUがついていけなくなるためあまりオススメしていないそうです。

4GB

最近のメモリはこのくらいかと思います。
特に思い作業をしない場合は値段も考えるとこれ以上はハイスペックになっちゃいます。

8GB

前のパソコンはそうでした。
速さ的には人の感覚次第ですが自分の感覚ではそんな変わりなかったです。
ヘビーユーザー向けなのかなって思います。両方でFPSやっとけば感覚わかったのかな。


結果
僕は値段のことと使用方法を考えて4GBくらいにしようと思います。

ストレージ

単純に箱のおおきさ!
画像や動画などどれだけパソコンの中に保存できるか。

〜100GB

大きいように見えますが次第に埋まっていきます。音楽が3000曲で25GBくらいでしょうか?あとスマホの動画も最近は容量が大きいですので使い方次第ですがあっという間に埋まっちゃいそうです。
あと、容量がいっぱいな状態と容量がたくさん空いてる状態でも動作が変わるらしいのできちんとデータ整理やHDDつかうなら全然大丈夫かと思います。

〜500GB

急な幅を利かせてますが
ぼくは容量的にこのくらいあればと思っているのは240GBくらいでしょうか
(前のパソコンの容量が240GBだったため)

500GB〜

無敵です。お金があるならどんどん買いましょう。


結果
分的にもわかりやすいですが240GBくらいを意識していきたいと思います。

まとめ

ぼくの使用用途として
ブログの記事投稿、管理
簡単な調べ物、ユーチューブや動画サイトで視聴。
こんな感じで無理ないもので選んでいくと。

パソコンの種類や大きさは自分の使用イメージ(ぼくの場合はノートパソコン13.3インチ程)

CPUはコンロの数でどれだけ処理のできる領域があるのか。(ぼくの場合はCorei3以上)

メモリは各コンロの処理能力の良さ
(ぼくは4GB)

容量は出来上がったものの皿の大きさ!
(ぼくは240GB程)

これからはこのスペックを意識して予算を決めて購入できるように頑張るだけ!!